Carole King『Tapestry』のUS盤オリジナルについて

Carole King『Tapestry』のUS盤オリジナルについて
ご存じの様にロック史で外すことのできない名盤です。
このアルバムは本国アメリカでも若干のバリエーションがあります。
まずはカバーから
現在完全オリジナルとされているのがざら紙・ゲート・フォールド・カバー。

こちらは通常のゲート・フォールド・カバーです。
現在はどちらもオリジナルとされています。

分かりにくいので拡大してみました。上がざら紙、下が通常盤です。(写真の撮り方が悪かったのか、それほど違わないように見えますがかなり違います)

ざら紙のカバーに入っている盤のマトはまず若いのでどうしてもと言う方はざら紙タイプをご購入下さい。
最近では大変高くなってきていますのでお薦めするには正直、ちょっと躊躇してしまいます。

次にレーベル、レーベルは基本的には2種類。
曲のクレジットがあるものと無いものです。どちらも「Ode 70」の印刷がレーベルにあります。
まずは曲のクレジットがあるもの。

曲のクレジットが無いタイプはセカンド・レーベルと比べてみました。
左がオリジナル、右がセカンド・レーベルです。

曲のクレジットがないものがオリジナルという方もいらっしゃいますがこれは工場の違いです。
ですので「70」がなくなった2ndレーベルになってもレーベルのデザインに変更はありません。

という訳で

「曲のクレジットがないものがオリジナル」というのは間違いですよ〜。

ご存じない方のご参考になれば幸いです。

↑というのをそのうちブログに上げようと思っていたら「今月(2017年5月号)のレコード・コレクターズに更に詳しく掲載されているよ」
と知人に知らされました。
気になる方は是非レコード・コレクターズをご購入下さい。
レコード・コレクターズの筆者の方のツイッターはこちらです↓
https://twitter.com/kamijake

サボテン・レコードのネット・ショップはこちらから

レコードの買取もしておりますのでお売り頂ける方は是非ご検討下さい。
こちらからご連絡下さい